住宅改修|縦手すり取り付け|手すり工事事例

こんにちは!ケアショップレインボー橋本事業所の尾浦です。

今回は縦手すりの取り付ける高さや位置について紹介したいと思います。基本的な高さはこんな感じです。


でもこれはあくまで平均的な高さで目安です。手すりを利用される方に合わします。 では、どこに取り付ければいいか?手すりを使用する方の持ちやすい位置に取り付けてください!

  • ビフォアー ※お風呂入口 柱に注目

 

  • アフター ※手すり取り付け完了

 

  • ビフォアー ※部屋の入口 柱に注目

 

  • アフター ※手すり取り付け完了

 


これは1つの例ですが、普段からよく触っているところは、擦れたり汚れたりで色が少し変化しています。 柱やドア枠を見てください。少し色が違いますよね?このような箇所に手すりを取り付けると、普段の動きをしながら、無理なく手すりを掴むことができますね。安定した段差昇降をすることができます。もちろん介護保険適用の工事です!が、介護保険での住宅改修補助を使いきってしまい、自分で取り付けようとしている家族さん!家の中をよく観察してみてください。普段触っているところは、何らかの変化があると思います。そこに取り付けてあげてください。※下地注意   もし施工が難しいと思われたら、レインボースタッフにお任せください!!

 今回は、N様邸にご協力いただき手すりの取り付ける位置の目安を一部紹介しました。


この記事を書いた人

尾浦 悠太

2女1男、3児のパパしてます、妻とともに家事、育児、日々全力で頑張っています。学生時代に学んだ電気の知識、大工の父から学んだ知識を取り入れ、いろんな業務ができる福祉用具専門相談員として日々精進しています。レインボー営業歴は長いですが、年齢順ではまだ若いです。まだまだ学ぶことはたくさんあるので、元気いっぱいで成長して行きます!