住宅改修事例|浴室扉工事|内開き戸~折戸へ変更

ケアショップレインボー河内長野事業所の金田です。今日で10月も終わりですね。日中と朝晩の気温差があるので、みなさま体調にお気を付け下さいね。毎年、寒くなってくるとお風呂関係でのご相談が増えてきます。今回の工事事例は、ご相談内容の一例です。介護保険を利用した「浴室の扉交換」をご紹介したいと思います。

施工前:内開き戸

浴室の扉が内開き戸だと、入浴が終わり浴室から脱衣所へ出る時に、ドアを内に引くことになり、その際に姿勢を崩すことがあります。さらに浴室の床がタイルだと滑りやすく、転倒リスクも大きくなります。そこで浴室扉を折戸に変更すると、内に引く動作が無くなり、姿勢を崩すことが避けられます。しかも扉の奥行も短くなるので、浴室スペースも広くなり、お風呂用いす(シャワーチェアー)にドアがぶつかる事も無くなります。

施工後:2枚折戸に変更しました。

施工後:2枚折戸に変更。浴室スペースが広くなりました。

また、ご自宅で入浴介助を受ける場合は、介助者も一緒に浴室に入るので、さらに狭くなりますよね。扉を開けた状態でもいいですが、冬場はとても寒いので、開けた状態だと辛いですよね。介助を受ける方も、介助をする方も大きな負担が生じます。そこで2枚折戸に交換をしたら、扉も閉めれますし、浴室が広くなり、安心・快適にお風呂に入って頂けるようになります。

もうひとつ大きなメリットが安全機能です。内開き戸の場合、浴室内で転倒された際に、扉に寄りかかった状態になることがあります。外側から救助しようとしても、扉が身体にあたり開閉できず救助が困難になるケースが実際にあります。2枚折戸には、緊急時に外側から扉を着脱できる安全機能がついており、扉に寄りかかった状態であっても、扉を外す事ができます。万が一の際も安心ですね。安心・安全・快適にお風呂に入って頂けるために、少しでも不安や不便さを感じましたら、ケアショップレインボーまでご相談くさいませ。最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いた人

金田 光司

両親を介護した自身の経験を活かし、ご家族様目線で福祉社会に貢献したいと思い、今日に至ります。福祉用具の活用や、住環境を整える事で、ご利用者様、ご家族様の負担を減らす事ができる事を一人でも多くの方に知って頂き、一人でも多くの方を支援できるように頑張りたいと思います。