住宅改修|玄関の手すり取付け・3パターン

こんにちは。ケアショップレインボー橋本の尾浦です。今回は、玄関に取り付けた手すりのビフォーアフターを紹介したいと思います。 玄関の出入り、みなさん安全に行えていますか? 玄関も様々な作りがありますよね。例えば、和風や洋風・戸建てやマンションのお家があるように、玄関も様々です。今回は3つのパターンで紹介してみたいと思います。

施工前:上がり框1段・手すり無し

施工後:上がり框1段・手すり有り


少し分かりづらいですが、玄関の上がり框が1段の場合の施工事例です。 玄関框の段に対して縦手すりを取り付けます。そうすることで縦手すりを掴み、段差の昇降を安全に行うことができます。あとは玄関土間が広い場合や、玄関を上がった先に廊下が続いていた場合、歩行時に支持できるよう、横手すりを設置しました。すると写真のような手すりになります。

施工前:上がり框2段・手すり無し

施工後:上がり框2段・手すり有り


玄関の上がり框が2段ある場合の施工事例です。最初に見て頂いた縦手すりだと、2段の昇降が辛くなります。そこで段の勾配に合わせて斜めに取り付けることで、2段の昇降を、階段の昇り下りする感じで行うことができます。

施工前:上がり框無し・手すり無し

施工後:上がり框無し・手すり有り


最後はマンションなどによくある玄関です。マンションなどの玄関は、ほとんど段差がない場合が多いので、写真のように横一直線で施工します。そうすることで、廊下から連続して手すりを持ち歩行できます。段差の昇降はないので、手すりを持ったまま靴の脱着も行えます。

いかがでしたか?今回は玄関手すりの施工事例を、3パターン紹介させていただきました。今回は3パターンとも、もともと壁に下地が入っていたので、補強材なしで施工する事ができました。ですが、どこの玄関も同じように下地が入っている訳ではないので、施工前に確認が必要ですね。玄関手すりだけに限らず、住宅改修全般のご相談は、お近くのレインボースタッフまでお問い合わせください。最後まで見ていただきありがとうございました。


この記事を書いた人

尾浦 悠太 

2女1男、3児のパパしてます、妻とともに家事、育児、日々全力で頑張っています。学生時代に学んだ電気の知識、大工の父から学んだ知識を取り入れ、いろんな業務ができる福祉用具専門相談員として日々精進しています。レインボー営業歴は長いですが、年齢順ではまだ若いです。まだまだ学ぶことはたくさんあるので、元気いっぱいで成長して行きます!