福祉用具活用例②|掃き出し窓からの段差解消~踏み台使用例

こんにちは。ケアショップレインボーの尾浦です。今回は住宅改修の施工事例を紹介したいと思います。以前、オーダーの手すり付ステップ台の施工事例を紹介しましたが、今回は以前とは違った形のオーダー手すり付ステップ台の紹介です。前回のブログはこちらから見れます→https://www.care-rainbow.jp/2020-02-28/  前回は玄関などの上り框に設置し、安全に段差昇降できるようにしましたが、今回は部屋の掃き出し窓からの出入りをする為に設置しました。その写真がこちらです。

施工前

施工後

洗濯物を干すために掃き出し窓から出入りをされていたのですが、段差が高く手すりも無かったので、転倒しないか不安だったそうです。そこでこの様に、部屋の床と同じ高さのステップ台を取り付け、部屋から出て右側に階段で降りていけるようにオーダーで製作しました。※正面は幅が狭い通路のため横向きで設置 もともとあった土台コンクリートの段差も計算して、ステップ台の脚の長さ調節をすることで、がたつき等なく水平に設置することができました。オーダー品だと設置する箇所に合わせて、様々な形で作ることができます。今回の段差解消ステップ台の取り付け工事は介護保険適用になります。掃き出し窓からの出入りでお困りの方・段差でお困りの方・手すりが無く不安定でお困りの方は、お近くのケアショップレインボーへお問い合わせください。僕たちスタッフが現場を拝見しご提案させていただきます。今回も最後まで見ていただきありがとうございました。


この記事を書いた人

尾浦 悠太 

2女1男、3児のパパしてます、妻とともに家事、育児、日々全力で頑張っています。学生時代に学んだ電気の知識、大工の父から学んだ知識を取り入れ、いろんな業務ができる福祉用具専門相談員として日々精進しています。レインボー営業歴は長いですが、年齢順ではまだ若いです。まだまだ学ぶことはたくさんあるので、元気いっぱいで成長して行きます!