住宅改修|トイレ編・開き戸から引き戸へ変更

こんにちは。ケアショップレインボーの尾浦です。今回は、トイレ扉(開き戸から引き戸へ変更)の工事を紹介させていただきます。ご相談を頂いたご利用者様には持病があり、症状として立位と歩行が大変不安定になるため、移動時に転倒しないようするために工事をすることになりました。下記・図⓵ のように、トイレの内から外(廊下側)に開く扉になっており、寝室からトイレに入るには、回り込まないと入れない状態で、回り込む際や扉を開く時に、転倒してしまうなど危険な状況でした。そこで開き戸を横引き戸に変更することで、回り込まなくても良くなり、安全にトイレ行くことができます。そして開き戸の開閉動作も無くなった事で転倒リスクも軽減できました。

施工前:開き戸なので、引いて押しての動作が立位不安定にさせていました

施工後:引き戸に変更。回り込まなくて良くなりました

施工後:引き戸に変更。トイレを出て直ぐの廊下手すりを持ち立位保持。引き戸も閉めれます。

高齢になると、ちょっとした動作が転倒リスクにつながったりします。なので予防できる所は早めに改善したいですね。生活をする上で「ここが不便だな」「あそこどうにかならないかな」など、不安に思う箇所があればお近くのケアショップレインボーまでご相談下さい。一緒に改善できる方法を考え、ご提案させて頂きます。最後までご覧いただきありがとうございました!


この記事を書いた人

尾浦 悠太 

2女1男、3児のパパしてます、妻とともに家事、育児、日々全力で頑張っています。学生時代に学んだ電気の知識、大工の父から学んだ知識を取り入れ、いろんな業務ができる福祉用具専門相談員として日々精進しています。レインボー営業歴は長いですが、年齢順ではまだ若いです。まだまだ学ぶことはたくさんあるので、元気いっぱいで成長して行きます!