玄関壁へ折りたたみ椅子取付け工事

ケアショップレインボー河内長野事業所の清水です。住宅改修をおこなった利用者さんが、玄関に椅子を置いて座りながら靴の着脱を行いたいのですが、玄関のスペースが非常に狭いため、壁に取付けできる椅子は無いかとの依頼がありました。折りたたみの椅子で対応できればと思いましたが、外出する際に毎回椅子を出し入れしなくてはいけないので、壁付けの椅子を提案させて頂きました。

折りたたみ時


座面を起こした状態

玄関のスペースを有効的に活用できるように、折りたたみ時は邪魔にならず、見栄えもシンプルで良い感じです。座面を起こすとストッパーがかかり、片麻痺のある本人さんでも片手で起こすことが出来るので、負担が少ないと思います。玄関での椅子の使用は結構あると思いますので、玄関で椅子を置くスペースを取りたくないという時は、この折りたたみ椅子は万能だと思います。座面の寸法は幅50㎝×奥行30㎝・耐荷重は100㎏。思っていた以上にしっかりしていて、座りながらの靴の着脱は十分に行えます。今回のお宅は壁がコンクリートだったので、下地処理はしなくても良かったのですが、通常の壁は下地をしっかり確認してから施工します。 住宅改修以外でも、このように便利で実用的な商品がたくさんございます。本人さんにも大変喜んで頂き「これなら外出する時に、楽に靴の着脱できるので良かったです」とおっしゃって頂けました。僕たちも、ご利用者様のご希望・相談にお応え出来るよう、色々な商品を勉強して、提案の引き出しを増やせれるよう頑張ります。ありがとうございました。


この記事を書いた人

清水 太広

福祉用具専門相談員の仕事をさせていただいてまだ数年ですが、住宅改修に関しては、住宅環境を整えるために、自分自身で、手すりの取付け施工を行い、オールマイティーに

動ける福祉用具専門相談員を目指しています。