· 

福祉用具活用例①|土間の段差解消~踏み台使用例

こんにちは。ケアショップレインボー橋本事業所の尾浦です。今回のブログは、日本家屋など土間の段差解消についての施工事例やレンタル商品の提案を紹介したいと思います。ケアショップレインボー本社がある和歌山県橋本市や、隣接する市町村は、まだまだ昔ながらの日本家屋が多く点在しています。玄関から土間が続き居室などに入るのに約50センチほどの段差があったりします。ご高齢の方・足腰が弱ってる方・怪我をされた方・障害をお持ちの方 約50センチの段差昇降はかなり大変で、転倒リスクも高いです。 そこで、住宅改修工事や手すりのレンタルをする事で、安全に段差昇降をすることができます。 その事例がこちらです。

施工前①

施工後・住宅改修(オーダー手すり付きステップ台)



施工前②

施工後・住宅改修(オーダー手すり付きステップ台)



レンタル商品での施工例

上記の施工①②は住宅改修例(オーダーで作りました)です。住宅改修工事での段差解消は、土間に合わせてオーダーでお作りします。オーダーですのでサイズなどはお好みで合わせられますが、取付固定が必要です。 レンタル商品の手すりは、置くだけで取付固定の必要はいりませんので、簡単に設置ができていつでも取外し可能です。住宅改修(オーダー)・レンタル商品どちらも介護保険適用になります。他にもリフトや昇降椅子などの商品もあります。ご利用者様の身体状況やご自宅の環境に合わせて、僕たちレインボースタッフがご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。


この記事を書いた人

尾浦 悠太 

2女1男、3児のパパしてます、妻とともに家事、育児、日々全力で頑張っています。学生時代に学んだ電気の知識、大工の父から学んだ知識を取り入れ、いろんな業務ができる福祉用具専門相談員として日々精進しています。レインボー営業歴は長いですが、年齢順ではまだ若いです。まだまだ学ぶことはたくさんあるので、元気いっぱいで成長して行きます!