· 

福祉用具勉強会|コンパクトな移乗サポートロボットHug(ハグ)L1-01」

こんにちは!橋本事業所の福祉用具専門相談員 尾浦です。今回は移乗サポートロボット Hug(ハグ)の紹介です。皆さんは介護するにあたってベッドから車いすやトイレへの移乗など大変に感じた事ありませんか?あまり力が無く大柄な方を移乗する時など、負担に感じていませんか?そんな方にオススメなのが移乗サポートロボットHugです。ロボットと聞いて操作など難しいのかな?など思われましたか?Hugはとっても簡単な操作で扱うことができるのです。それでは紹介していきます。


製品名

移乗サポートロボットHug(ハグ)L1-01

用途 移乗用リフト 
寸法

(全長×全幅×全高)880×550×850~1200mm

重量  30kg
導入期間 新商品に付き在庫問い合わせ要確認
価格  レンタル価格設定中 
介護保険 適用
便利さ ★★★★★
お手軽度 ★★★★★
費用面  ★★★☆☆
福祉相談員オススメ度 ★★★★☆
コメント とにかく簡単!!コンパクトで取り回しもしやすく、施設、病院だけでなく在宅でも使用しやすいと思います。

操作方法は簡単です!

例えば老々介護で小柄な奥様が立位保持できない旦那様を、ベッドからトイレ・車いすへの移乗が身体に負担を掛けることなく行えます。本人の身体に合わせて機械を調整したり、ベルト固定などする必要がないので、機械の操作が苦手な方でもリモコンの上下操作だけで、簡単に安全に移乗することができます。充電式で満タンにしておけば、上下動作100往復することができるので、1日に何度もトイレに行かれる方でも安心。家庭用コンセントで充電できます。バッテリーのリフレッシュなども不要なので取扱いも簡単です。操作方法は下記参考にご覧下さい。

①ハグに寄りかかる

ハグを近づけ身体を寄せます。スリングシートなど不要なため、準備に時間がかかりません。

②上体を起こす

簡単リモコン操作でハグがやさしく、 抱えあげます。100kgの方でも安心して 利用できます。

③移動

この状態で介護者は後ろに回って、移動します。

④便座に座る

お手洗いや車いすへゆっくりと

安全に座ることができます。

脱衣介助も簡単に行えます。


メーカーさんの想いについて

Hugのメーカーさんは株式会社FUJI。担当の小田さんが紹介に来てくれました。株式会社FUJIの主な事業はスマホの基板に電子部品を乗せるロボットだそうです。介護ロボット事業は開始して5年。(5年でカタチにするなんてほんとすごい!)HugL1を開発した経緯は、前機種にHugT1というリフトがあったのですが、施設や病院向けで大きかったので、家庭向きでコンパクトで操作も簡単な物とが欲しいという声から今回のHugL1ができたそうです。

従来機のHug T1は、大きかったため施設や病院で使われていた。

家庭向きのコンパクトで操作カンタンなHug L1が完成!

株式会社FUJIのみなさま、ありがとう!


ハグを使ってみた感想

今回Hugを使用してみて、リフトであげられる側、あげて移動する側両方体感しましたが、本当に簡単で扱いやすい商品だと感じました。190cm100kgの僕を簡単にあげポータブルトイレに移乗するのも楽々できていました。介助する側では、河内長野事業所の小柄な岡本管理者をあげ片手でリフトごと移動、旋回、回転することができました。トイレや車いすへの移乗で困っている方に利用して頂きたいと感じました。

まとめ

今回の移乗サポートロボットHugはどうでしたか?今回の商品のポイントはコンパクトで操作が簡単!!!これ以上伝えようがないです。トイレ、車いすへの移乗でお困りでしたら是非ご利用をご検討ください。また、サポートロボットHugについて気になることは僕たちレインボーのスタッフにお気軽にお問い合わせください。最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

この記事を書いた人

尾浦 悠太

2女1男、3児のパパしてます、妻とともに家事、育児、日々全力で頑張っています。学生時代に学んだ電気の知識、大工の父から学んだ知識を取り入れ、いろんな業務ができる福祉用具専門相談員として日々精進しています。レインボー営業歴は長いですが、年齢順ではまだ若いです。まだまだ学ぶことはたくさんあるので、元気いっぱいで成長して行きます!